意外に注意が必要な水洗トイレのトイレリフォーム

便器や周辺機器の修理が不可能であればトイレの交換をするしかありません。トイレリフォームでは、非水洗式から水洗トイレに変更するケースと、古い水洗式を新しい便器に交換するケースがあります。ところが製品の進化と多様化でどれが最適の便器なのか素人では判断しづらいことがあります。非水洗式から変更する際の大きなポイントは自宅近くまで公共下水道が来ているかどうかです。便器を交換するだけの場合は簡単に思えますが、余計な工事がいらないタイプを選択することが重要です。

■非水洗式から水洗トイレに変える際の留意点

最近は非水洗式から水洗方式にトイレの交換を実施するトイレリフォームに踏み切る世帯が増えています。近くに公共下水道が来ていない場合は浄化槽を地中に埋め込み、し尿をここに一時的に蓄積します。公共下水道が近くまで来ている場合、自宅から排水管を延ばして下水道につなぐ方式になります。どちらの場合も水洗トイレの機能によって一般的に非水洗式よりも衛生的になりますが、留意点があります。浄化槽を設置する場合は埋設場所が必要です。自分の敷地内に埋設できない場合は近隣の土地に埋設する交渉や許可が必要になります。また公共下水道が近くにあったとしても、勝手に自宅の排水管とつなぐことはできません。自治体の許可なく接続すると違法になります。

■古い水洗便器を新品に交換する際の留意点

老朽化や故障などで新しい便器への交換の需要は常にあります。便器の性能は格段に進化しており、特徴も多様化していますので選ぶのに苦労するほどです。購入する側も家族構成やライフスタイルが変化している場合があるので、実情に合った合理的な選択をすることが大切です。家族が多いと使用回数も多く、その分大量の水を使うので節水タイプがお勧めです。体が不自由な方の自宅には自動清掃機能が付いたタイプが便利です。注意しなければならないのは排水管の位置です。もともと床配水タイプだったのに、壁排水タイプの新品を購入してしまうと、壁や床の工事が必要になります。またタンクレスタイプはスタイリッシュですが水圧が弱いマンションの高層階などでは排水のパワー不足という問題が起きる可能性があります。価格や外観だけで選ぶと失敗することもあるので、トイレリフォームをする前に良心的な水道工事の専門業者を決めておくことが重要です。

■まとめ
水洗トイレは量販店に行けばさまざまな機種が販売されているので、自分で設置しようと考える人もいます。経済性を考慮すれば一つの選択肢ですが、水道との接続や排水系統の工事などかなり正確な技術が必要になることもあります。万一ミスを犯せば後日汚水の噴出や漏水の恐れもあります。トイレリフォームをする場合は、安全性を優先して専門業者に相談するのが賢明です。技術力だけでなく自治体への届け出など関係する法令にも強いからです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ